植物地理・分類研究最新号Vol.65 No.2のご案内

 


植物地理・分類研究 Vol. 65
No.2(通巻第182号) 2017
・本学会誌は出版から5年を経過したものから順次公開することになっております(現在鋭意制作中)。新刊が必要な方は本学会へご入会下さい。
2017年度 受賞記念講演記録

古池博:新しい植物像の探求 Cardiocrinum属の種分化と生活史・・・53

論文

鐡慎太朗・黒田有寿茂・石田弘明:絶滅危惧種トウテイラン(オオバコ科)の分布・生育立地と現存個体数・・・69

鳴橋直弘・三浦憲人:シソ科ヤマハッカ属ヤマハッカの新変種、ハイヤマハッカ・・・77

ノート

岩坪美兼・三浦憲人・鳴橋直弘:ミヤマキンバイPotentilla matsumurae(バラ科)の核型・・・83

岩坪美兼・折川武司・氷見栄成:両性花と雄花がともに咲くスイバRumex acetosaの染色体構成・・・87

岩坪美兼・早瀬裕也:セントウソウ(セリ科)の染色体研究・・・91

後藤稔治・川村智子・酒井英二・田中俊弘:乗鞍岳におけるウラジロナナカマドとナナカマドの標高差による開花・結実の相違・・・95

小川滋之:土壌条件の違いによるセイロンベンケイの根茎の発達と地上部の生長・・・99

上野勝典・上野由貴枝・大塚孝一・芹沢俊介:外来シダ植物と在来オシダ属(オシダ科)との推定新雑種カツモウシラネワラビ・・・103
新刊紹介・・・103

 


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/